週末起業(副業)のメリットとデメリットは何か?

Pocket

中小企業診断士
ビジネスモデル・デザイナー(R)
船越ビジネスコンサルティング代表

船越です。

 

 

 

あなたは今の会社、仕事、給料に満足していますか?

 

  • 今後は給料も上がりそうにない
  • 年金もどうなるか分からない
  • 今の仕事、家庭に満足できない

 

上記のような、「現状に不満」や「将来のことに不安」を持っておられる方がいると思います。

 

また、自分の会社の将来が心配だし、今の自分の現状にも満足をしていない。なので、会社以外の収入源が欲しい、好きなことで副業をやってみたい、等の考えを持っている方もおられるのではないでしょうか。

 

でも、いざ副業をしようと思っても、リスクは取りたくないし、失敗もしたくない。しかも、何をどうやったらいいのかが分からない。自分には資格もなければ、特別なスキルも趣味もなく困っている方もいるかもしれません。

 

では、どうすればいいでしょうか?

 

答えは「週末起業」です。

 

週末起業の魅力は、リスクを抑えて、会社以外の収入源の確保ができ、自己成長も可能であることです。

 

 

ということで今回は、副業を通じての、「週末起業」を解説していきます。この記事を見れば、

 

  • 週末起業のメリットが分かり、始めるべきだと認識する
  • 週末起業のデメリットが分かり、対策が立てられる

 

以上のことが分かり、結果として

 

  • 現状の不満(今の仕事、給料、等)
  • 将来の不安(給料、年金、今後の人生、等)

 

上記のことが解消できるヒントが得れる内容となっております。なので、このまま読み続けていただければ幸いです。

 

 

 

週末起業のメリットとは?


 

週末起業を行うメリットは、

 

  1. 生活に安定感が生まれる
  2. ダメであってもすぐにやめることが可能
  3. 会社(家庭)に依存することがなくなる
  4. 独立が視野に入ってくる
  5. 人生の選択肢が増える

 

以上の5つになりますが、1つずつ解説していきますね。

 

 

◆週末起業のメリット1  生活に安定感が生まれる


 

メリットの1つとしては、生活がさらに安定することが挙げられます。具体的に言うと、金銭面や精神面で安定するということです。

 

本業を続けながら、自分のビジネスを進めることになるので、会社から給料という安定収入を得ながら、新たなビジネスに挑戦できるのです。

 

週末・休日、空き時間を使って取り組めば、収入も増加することとなるので、金銭面で余裕が出てきます。金銭面で余裕が出てくれば、給料が低いという理由での奥さんの過度な不満(笑)の減少、また、将来の不安が軽減されるので、精神的にも余裕がでてくるでしょう。

 

 

◆週末起業のメリット2  ダメであってもすぐにやめることが可能


 

2つ目のメリットとしては、失敗してもすぐに止めることが可能だということですね。

 

例え、うまくいくと思って始めた週末起業でも、すべてがうまくいくとは限りません。失敗する可能性もあります。

 

でも、本業があるので、たとえ失敗したとしても、すぐに止めることができますし、違うビジネスですぐに再スタートを行うことも可能です。

 

週末起業をやめたとしても、これまでの仕事があるので、新たに就職活動をする必要がなく、そのまま本業の仕事に戻ればいいだけの話です。つまり、本業という安定収入があるため、やめたところでリスクはないということですね。この道が残されていることはかなり大きなメリットとなります。

 

会社経営はそうはいきません。私のコンサル活動でも実感しておりますが、やめたくてもやめれない会社を数多く見てきております。なぜなら、従業員もおれば、借入金もありますし、得意先にも迷惑をかけることになるからです。

 

会社経営程のリスクを背負う必要がないのが、週末起業のメリットですね。

 

 

◆週末起業のメリット3  会社(家庭)に依存することがなくなる


 

メリット3つ目としては、依存性が減少するというものです。

 

今まで、会社員の方は会社一筋の生活を送ってこられた方が大半だと思いますし、主婦の方は家庭を守ることに尽力されてきたと思います。

 

しかし、週末起業を行うことによって、違う世界が見えてきます。なぜなら、今までとは違う土俵、違う人、違う環境でビジネスを行うため、新しい人の出会い、新しい知識と経験が手に入るからです。

 

私も中小企業診断士を取って週末起業をしてから、新しい人脈が爆発的に増加したので、会社への依存度が減少しました。今までは、会社で仕事をして、一緒に食事やお酒を飲む。休日もたまに会社の同僚と遊ぶ。つまり、私の生活で仕事とのかかわりの割合が大きすぎたんですね。

 

そういう方も多いと思うのですが、こういう依存度が高い状態は危険でもあります。うまくいっている場合はいいのです。ただ、例えば会社がなくなってしまったらどうなるでしょう?

 

一気に自分が崩れていきます。なんせ、生活のほとんどが会社と一心同体だったのですから。これは、よく定年退職した方に多いですね。会社しか居場所がなかったため、それがなくなったとき、もう他に居場所がないのです。これは主婦の方にも当てはまります。

 

でも、週末起業を始めると、会社(家庭)以外にも居場所ができ、しかも面白くなります。これもメリットとして考えて良いでしょう。

 

 

◆週末起業のメリット4  独立が視野に入ってくる


 

週末起業が軌道に乗って、本業よりも収入が増えれば、独立が視野に入ってきます。

 

無理に独立する必要はありませんが、おそらく、本業以上に稼げてしまう人は、本業を辞めて専念すれば、今以上稼げるはずですし、本人もそう自覚しているはずです。

 

なぜなら、本業という制約がありながらも稼げているいうことは、本業を辞めれば本業の時間がそのまま週末起業の時間に使えます。ということは、時間が増えた分だけ、収益も上がるはずなのです。

 

そうとは限らないとお考えの方もいるかもしれませんが、例えば、週末にセミナー講師やコンサル活動をしている人であれば、時間が増えた分、セミナー回数やコンサル時間を増やすことができます。

 

また、本業をしながらも短時間の週末起業で稼げる人は、短時間で稼げる仕組みを構築できています。やってみれば分かりますが、週末起業で簡単に稼ぐことは難しく、その中で実績を出せている人は凄く能力が高くなっているんですね。

 

なので、本業を辞めて自分のビジネスに専念すれば、かなり収入を増やす人が多いんです。私の知っている人でも収入が2倍から3倍は普通ですし、中には10倍以上の人もめずらしくありません。しかも自動的に収入が上がる仕組みを構築しているので、働く時間を徐々に減らし、今では自由も謳歌しています。

 

自分の好きな仕事で独立し、本業の2倍以上稼げて、しかも自由を謳歌するという生活は、羨ましく理想的な姿だと思いませんか?

 

 

◆週末起業のメリット5  人生の選択肢が増える


 

5つ目のメリットは、選択肢が増えるというものです。

 

先ほどお伝えしましたが、週末起業で始めた事業が軌道に乗れば、そのまま独立して本業にしてしまうことも、夢では決してありません。そして、週末起業で稼いでいるけど、あえて会社に残り続ける道もあります。また、好きな会社に転職することもあり得ますね。

 

 

たとえ会社に残ったとしても、今までとは取り組み方が変わります。週末起業で稼ぐことができていれば、もちろん仕事はしっかりと取り組む必要はありますが、嫌な仕事は断ればいいし、嫌な飲み会も行かなくてもいいのです。

 

いざとなれば、やめることが可能という精神状態なので、上司から嫌なことを言われても気になりませんし、言いたいことも言えるので、ストレスが減少します。

 

何より、週末起業が軌道に乗るということは、自分のビジネスの知識や能力も上がっているはずなので、会社からの見方も変わってくるはずです。能力が上がれば出世や昇給するかもしれませんし、周りからも頼られる存在になっているかもしれません。なので、会社生活も今より楽しくなっていると想像できます。

 

 

また、あえて全く違う業種に転職して、週末起業のためにノウハウを吸収するということもありですね。

 

そして、週末起業で稼げている状態で独立すれば、会社にいた時間は基本的に自由となります。なので、会社にいた時間を好き勝手に過ごし、自由を満喫しながらも生活ができるという状態になるのです。

 

 

つまり、週末起業で稼ぐことができれば、人生において選択肢が増えるということです。転職しようが、会社に残ろうが、独立して自由を満喫しようが、どれも可能。どれを選択するのも自由なのです。

 

そんな状態、考えるだけでワクワクしませんか?

 

 

 

週末起業のデメリット


 

ここまではメリットをお伝えしましたが、週末起業は良いことばかりではありません。当然デメリットもありますので、そちらもお伝えしますね。

 

 

◆週末起業のデメリット1  体力的につらい時がある


 

週末起業は平日の空き時間と、週末、休日を使う必要があると、先ほどお伝えしました。

 

ということは、本業以外の時間にプラスでビジネスをする必要があり、当然、しんどい時も出てきます。このことは誰でも想像がつくと思います。

 

なので、気力・体力的にも続けられるビジネスを選ぶことが重要となります。

 

 

◆週末起業のデメリット2  自由時間が減少する


 

週末起業はプライベートの時間を使います。なので、今まで遊びに行っていた時間、テレビやスマホでリラックスしていた時間を削ることになります。

 

また、平日の夜に飲みに行くことや週末に友達や家族とランチやディナーに行っていた時間も減少することになります。

 

場合によっては、同僚や友人からは付き合いが悪いヤツと思われたり、家族から反発が来ることもあり得ます。なので、週末でも日曜だけは仕事をしない、等、あなたの周りの状況に合わせてスケジュールを組むようにしましょう。

 

私の場合も家族崩壊しかけましたが(笑)、メリハリをつけることで今では、普通の状況になりました。本当にお気を付けください。。

 

 

◆週末起業のデメリット3  本業に支障が出る場合もあり得る


 

3つ目のデメリットとしては、本業への影響が挙げられます。

 

平日に仕事が終わってから、自分のビジネスを行うことになるので、体力的にきつい時もあります。私もありましたが、深夜まで作業を行い、次の日がつらいこともありました。

 

また、休みの日にもビジネスを行うことで、体を休める時間が減少し、普段の仕事の疲れやストレスを解消する機会も減少するかもしれません。そこで体調管理ができず、本業に支障が出てしまっては元も子もありませんよね。

 

やはり、週末起業を軌道に乗せるためには、本業を大切にし、自分のビジネス時間をいかに確保するかを考え、続けられる仕組みをまずは作りましょう。

 

 

週末起業のメリット・デメリットは以上となります。

週末起業のその他の詳細は、下記の記事で併せてご確認いただければさらに理解が深まると思います。

 

【関連記事】

週末起業とは何か?人生が変わる週末起業(副業)の魅力と可能性

週末起業(副業)の種類には何があるのか?自分にあったビジネスで稼ぐ!

週末起業(副業)で大切なことは?週末起業で向いてるビジネスは〇〇

週末起業(副業)を成功させる方法は?失敗しないポイントは3つ

 

 

まとめ


 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は週末起業(副業)のメリットとデメリットを解説しました。

 

週末起業を行うことで、

 

  • 生活に安定感が生まれる
  • ダメであってもすぐにやめることが可能
  • 会社(家庭)に依存することがなくなる
  • 独立が視野に入ってくる
  • 人生の選択肢が増える

 

以上のメリットがあることが分かりました。これだけのメリットがあるので、やるべき理由が少しでも分かっていただけたかと思います。そして、

 

  • 体力的につらい時がある
  • 自由時間が減少する
  • 本業に影響が出る場合がある

 

といったデメリットに対処することで週末起業をうまく成功させることが可能となります。

 

しかし、まずは行動です。行動に移して、週末起業であなたの未来を変えていきましょう!

 

 

週末起業(副業)の網羅記事が下記になりますので、こちらをお読みいただけると週末起業の全体像が分かると思います。

 

【参考記事】

週末起業で稼ぐ方法とは?週末起業・副業の考え方であなたの未来が変わる

 

 

◆仕事をしながら、収入・お小遣いをUPさせる方法を紹介します

あなたは今の収入・お小遣いに満足していますか?

 

  • 会社の給料が低くて不満
  • ボーナスもしばらく出ていない
  • 夫が安月給のため喧嘩ばかりしている
  • 奥さんが怖くてお小遣いが一向に上がらない
  • お小遣いが少なくて毎日が憂鬱

 

このような状況では毎日が楽しくはないですよね。まだ現状の不満だけならいいのですが、

 

  • 今後は給料も上がりそうにないから将来が心配
  • 貯蓄もなし、年金もどうなるか分からないから今後が不安でしょうがない
  • 子供の教育にお金がかけられないから、子供の将来も心配
  • 給料も低く今の仕事内容にも満足していないので、この先はどうしようか悩んでいる

 

上記のような、将来のことに不安を持っておられる方はかなり深刻な状況だと思います。

 

でも、いざ転職をしようと思っても、リスクは取りたくないし、失敗もしたくない。しかも、自分には資格もなければ、特別なスキルも趣味もなく困っている方もいるかもしれません。

 

では、どうすればいいでしょうか?

 

 

その解決方法を無料メールでお伝えしております。気になる方は下記から登録をお願い致します。

 

【今よりも収入、おこずかいをUPする方法はこちら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA