好きなこと、やりたいことで起業するために自分の「強み」を活かす

Pocket

 

経済産業大臣登録:中小企業診断士
船越ビジネスコンサルティング代表

船越です。

 

「やりたいことで起業しない」

好きなこと、やりたいことで起業するのが理想です。

 

しかし、経験もなく強みもなく、例えば「未経験だが、ラーメン屋をやりたい!
情熱もあるし、死ぬ気でやる!」と知人が言った場合どうしますか?

 

正直、難しいのではないのでしょうか。

 

しかし、こういった場合でも方法はありますので、その手法は後日お話をします。

 

ただ、勝てるマーケットを見つけても、自分の「強み」を活かせなければ意味がありません。

 

ほとんどのビジネスはこの過程で多くの壁にぶつかり、それを乗り越えることができる人は、その勝てるマーケットで本当に勝つことができます。

 

しかし、乗り越えられることができない人は結局、勝てるマーケットを選択しているにもかかわらず敗北することになります。

 

その敗北の理由は、勝てるマーケットの中で、本当に勝つための「強み」を保有していないからです。

 

では、勝てるマーケットを選んでいるのに、この「強み」がない場合にはどうなるのか?

 

商品の場合、商品が不十分なまま販売をすることになります。

 

売り方が上手であれば、そのような商品でもどんどん売りまくっていくことになります。

 

しかし、そのような事業が長く続くはずがありません。たくみなプロモーションでマーケットを刺激しても、強みを活かした商品やサービスが提供できなければ、長期的には悲惨な結果に陥ることが多いものです。

 

そして事業が長く続かないため、新しい商品に手を出したとしても、そこに「強み」が活かされていない場合には同じ結果になりがちです。

 

 

差別化されたビジネスモデル


 

 

”絶対に失敗しない起業”

 

を成し遂げるために必要になってくるのが、「差別化された、あなたにしかできないビジネスモデル」を創り上げていくことです。

 

差別化についての本もたくさん出ていますが、どの方法を使っても、結局、ありきたりのアイデアであったり、競合が見たらすぐに真似されてしまうようなアイデアしか生まれない、と感じてる方も多いのではないでしょうか?

 

 

こういった本は既に思い付いていたアイデアを整理する上では役に立っても、新しいアイデアを生み出すためには使えないと思う差別化の手法ばかりである。のが実情です。

 

また、運良く斬新なアイデアが生まれても、それは偶然の産物にすぎず、再現性がありません。

 

 

では、どうすればそこから一歩抜け出せるか?

 

既存の差別化に関する書籍を読んでも解決しにくい課題をどう解決するか。今後お伝えできればと考えております。

 

ご相談はこちらからどうぞ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA