やりたいことで起業しない!失敗しないためにはマーケットと強みが重要

Pocket

 

経済産業大臣登録 中小企業診断士
船越ビジネスコンサルティング代表

船越です。

 

 

「やりたいことで起業しない。」

あなたはこれを聞いてどう思うでしょうか。

 

ただ、私は決してやりたいことで起業するなと言っているわけではありません。

 

巷では、やりたいことで起業するのがセオリーとなっておりますが、各種データによれば、起業して10年後に生き残っているのは、「たったの5%です」。

多いと思うか少ないと思うか、それは個人個人で違うとは思いますが、私は「少ないな。」と率直に思いました。

 

やりたいことで起業して生き残れるのであれば、私は何も言いません。

ただ、そうではないのが現実です。

 

では、どうすれば生き残ることが可能なのでしょうか?

 

ということで、今回は、10年後も生き残るために「何をするべきか」を考えてみたいと思います。

 

 

やりたいことではなく、勝てるマーケットで起業する


 

 

前述しましたが、巷では、やりたいことで起業するのがセオリーとなっております。

 

しかし、起業して絶対に失敗しないために最も重要なことは、「勝てるマーケット」をみつけること。

つまり、たとえ好きなことであっても、負けるマーケットで勝負してはいけないということです。

 

なぜなら、すぐにうまくいく人との違いは必ずしも、生まれ持った才能、または能力の違いではないからなんですね。

 

能力のある人が長い間頑張っても失敗する、逆に軽い気持ちで週末に立ち上げた事業が半年で成功する。

こういった話は結構多いというのもあるからです。

 

実際は自分が好きなことでうまくいった人もいますが、そういう方は少なく、また時間がかかってしまうことが多いのです。

 

では、その違いは何か?

 

それは「勝てるマーケットで起業したかどうか」と言えます。

 

もう一つ重要な条件がありますが、それが組み合わさることによって、長く続く事業へとつながっていきます。

では、勝てるマーケットとは何かを次に解説します。

 

 

 

勝てるマーケットとは


 

 

 

では、「勝てるマーケット」とは何でしょうか?

 

それは、「顧客が欲しいと言っているのに、欲しいものが提供されていないマーケット」です。

つまり、顧客ニーズがあるのに競争が少ないマーケットのことです。

 

これは当たり前の話ですが、実際は周りを見ても分かるように、競争を無視して、自分が得意な分野、好きなマーケットということだけで起業している人が多くないでしょうか。

 

例えば、英会話、喫茶店、ラーメン屋等。。

この中で飲食店は特にゼロから開業する場合、大規模な投資に加え、粗利率が低いため、よほどのノウハウを持った人でない限り、勝ち続けるのが困難です。

 

このマーケットで勝てる自信がありますか?

 

正直難しいと思います。

ましてや、未経験者なら尚更です。

 

でも、好きという理由だけで、この「レッドオーシャン」に自ら飛び込んでしまう人が絶えません。

 

しかし、好きなことより、そのマーケットでより確率高く勝ち続けていくためには、どんな方法、どんなアイデアで起業すれば失敗しないかを考えることが重要です。

 

では次に、マーケット以外に大切なもう一つの要素を解説していきますね。

 

 

「強み」を持つことの大切さとは


 

 

先ほどはマーケットの話をしました。

 

その場面では、やりたいことで起業しないことが重要なのかを説明しましたが、やはり、好きなこと、やりたいことで起業するのが理想ではあります。

 

しかし、経験もなく強みもなく、例えば

「未経験だが、ラーメン屋をやりたい。情熱もあるし、死ぬ気でやる!」

と知人が言った場合どう助言するでしょうか。しかも周りは有名店ばかり。

 

正直、私は「やめた方がいい」と言いますし、普通のやり方では間違いなく失敗します。

しかし、こういった場合でも方法はありますので、その方法は後日お話をします。

 

ただ、勝てるマーケットを見つけても、自分の「強み」を活かせなければ意味がありません。

 

しかし、ほとんどのビジネスはこの過程で多くの壁にぶつかります。

でも、それを乗り越えることができる人は、その勝てるマーケットで本当に勝つことができます。

 

なので、乗り越えられることができない人は結局、勝てるマーケットを選択しているにもかかわらず敗北することになると言うことです。

その敗北の理由は、勝てるマーケットの中で、本当に勝つための「強み」を保有していないからなんですね。

 

 

強みがない場合はどうなるのか?

 

では、勝てるマーケットを選んでいるのに、この「強み」がない場合にはどうなるでしょう?

 

商品の場合、商品が不十分なまま販売をすることになります。

ただ、売り方が上手であれば、そのような商品でもどんどん売りまくっていくことになります。

 

しかし、そのような事業が長く続くはずがありません。

 

たくみなプロモーションでマーケットを刺激しても、強みを活かした商品やサービスが提供できなければ、長期的には悲惨な結果に陥ることが多いものです。

そして事業が長く続かないため、新しい商品に手を出したとしても、そこに「強み」が活かされていない場合には同じ結果になりがちです。

 

上記のことはマーケティングの話になりますので、下記の記事を併せて読んでいただくと理解が深まります。

 

【参考記事】マーケティングの基礎の本が、起業・副業で役に立たない理由とは?

 

 

差別化されたビジネスモデル


 

 

そこで、”絶対に失敗しない起業” を成し遂げるために必要になってくるのが、「差別化された、あなたにしかできないビジネスモデル」を創り上げることです。

 

差別化についての本もたくさん出ていますが、どの方法を使っても、結局、ありきたりのアイデアであったり、競合が見たらすぐに真似されてしまうようなアイデアしか生まれない、と感じてる方も多いのではないでしょうか?

こういった本は既に思い付いていたアイデアを整理する上では役に立っても、新しいアイデアを生み出すためには使えないと思う差別化の手法ばかりである、のが実情です。

 

また、運良く斬新なアイデアが生まれても、それは偶然の産物にすぎず、再現性がありません。

 

では、

 

  • どうすればそこから一歩抜け出せるのか?
  • 既存の差別化に関する書籍を読んでも解決しにくい課題をどう解決するか?

 

上記のことに興味があれば、下記からご相談ください。

 

ご相談はこちらからどうぞ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA